ヒューマンエラー講演会
ホーム > ヒューマンエラー講演会

ヒューマンエラー講演会

「ヒューマンエラー」といっても“うっかりミス”から“損失を出すミス”や“命に関わるミス”まで様々です。人が誤認識・誤動作によって引き起こしてしまう「ヒューマンエラー」は、多大な損失を招く恐れがあり、そのようなリスクを回避するため、多くの企業が対策を講じています。エラーを減らし、取り返しのつかない損失を減らし、企業の風土改善を図るための「ヒューマンエラー講演会」。是非、ご企画下さい。講師陣は、様々な分野で研究を重ね、活躍されていますので、ご自身の企業に合う対策を一緒に考えていかれる講師の選択がおすすめです。
※ご相談にも応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

芳賀 繁(はがしげる)
芳賀 繁(はがしげる)
立教大学現代心理学部心理学科 教授

キャリア:

国鉄に就職。JR鉄道総合技術研究所で鉄道の安全に関わる心理学、人間工学の研究に従事する。現在は大学教授で、教育・研究、学会活動に携わる。専門は、産業心理学、交通心理学、人間工学。

主なテーマ
「ヒューマンエラーのメカニズムと新しい安全マネジメント」
「事故がなくならない理由~安全対策の落とし穴」

島本 長範(しまもと ながのり)
島本 長範(しまもと ながのり)
CIMA人財教育開発代表

キャリア:

日本航空において24年の整備現場、12年の人財育成/研修部門を経て、独立。
航空会社が行っているヒューマンファクターという考えに基づいたエラー防止の考え方、組織の作り方を体感・実践しながら研修する。

主なテーマ
「やる気でエラーが防げると思っていませんか」
「ヒューマンエラーを防ぐために~チーム力でエラーを防止する~」

重森 雅嘉(しげもり まさよし)
重森 雅嘉(しげもり まさよし)
静岡英和学院大学短期大学部 現代コミュニケーション学科 准教授

キャリア:

鉄道総合技術研究所にてヒューマンファクターに関する研究開発に従事するなどの後、大学の准教授へ。専門分野は、認知心理学、認知科学、人間工学、ヒューマンエラー、事故防止、事故分析、サイエンス・コミュニケーション。

主なテーマ
「うっかりミスの科学」
「ヒューマンエラーの心理学」

大橋 智樹(おおはし ともき)
大橋 智樹(おおはし ともき)
宮城学院女子大学 学芸学部学長戦略室・室長

キャリア:

(株)原子力安全システム研究所研究員にて原子力発電所におけるヒューマンエラーの防止研究などに従事。現在は大学にて研究等行っている。専門は、安全人間工学、産業心理学、応用心理学。

主なテーマ
「ヒューマンエラーの本質と対策」
「産業事故の事例に学ぶ」

ご相談はお気軽に 03-3980-1791