面白くて元気がでる講演会

【氏名】 湯浅 景本(ゆあさ かげもと)

中京大学 スポーツ科学部 教授

中京大学体育学部卒業、東京教育大学大学院体育学研究科修了後、東京医科大学で学ぶ。
東京医科大学客員講師、オーストラリア・グリフィス大学高等研究員、日本オリンピック委員会強化スタッフ(コーチングスタッフ)、中京大学体育学部長などを歴任。

中京大学にて、力学、解剖学、生理学の知識を利用して、競技スポーツから健康スポーツまでにみられる身体運動の運動学的および運動力学的特性を明らかにする研究方法を学ぶ。
さらに、競技力や健康を向上させるための安全かつ効果的な運動を構築する方法についても学ぶ。
また、スポーツ選手の身体運動力学、解剖学、生理学を、様々な角度から科学的に分析し、浅田真央、小塚崇彦、室伏広治ら、日本を代表するスポーツ選手を指導した経験を持つ。
数多くのトップアスリートたちと触れ合い、スポーツ科学の目を通してトップアスリートたちの心技体を解き明かすこと、そしてトップアスリートから元気になる秘訣を学んできた講師。

大学で教鞭をとるかたわら、得た知識を講演会、執筆活動、テレビ出演を通して、紹介。健康啓発活動に尽力している。
正しい運動の仕方、なぜ運動をした方がよいのか等、実践を交えながらする健康づくりについて講演が人気。
講演後の感想では、体を動かすことが楽しくなった、あっという間で、もっと色々と聞きたかったという声が多く、リピート率も高い、大人気の講師です。

【講演テーマ】

「人生を楽しくする運動のススメ ~暮らしに息づくスポーツ文化~」
「トップアスリートに学ぶスポーツ健康法」
「ところかまわず健康法」
「一流スポーツ選手の強さの秘密 彼らを支えるコーチング論」
「ひざ・腰・肩が楽になる一生7秒健康体操」
「エンジョイ・エイジングで行こう」
「老いない体をつくる ~エンジョイ・エイジングのすすめ~」
「中高年の運動と食生活」
「生きるための体力づくり~眠る、起きる、動く~」

【著書】

「かんたんタオル体操」(双葉社)
「ラジオ体操でからだが若返る」(中経出版)
「若さを保つ51章」(中日新聞社)  他多数

一覧ページへ戻る

ご相談はお気軽に 03-3980-1791