NPAの社員研修
ホーム > NPAの社員研修 > スベらない商談力研修⇒プログラム例 Ⅱ

斧出 吉隆 組織論の第一人者。日本人がグローバルで活躍できる人材育成に定評がある。

斧出 吉隆
◆研修内容
 ・スベらない商談力研修⇒プログラム例 Ⅱ


研修カリキュラム(1日)

スベらない商談力・コミュニケーション

テーマ スベらない商談力・コミュニケーション
ねらい リーダーシップの本質を理解し実践で使えるようになる
効果
  1. 相手のニーズを聴きだし自社製品の付加価値を提供できるようになる
  2. 商談に必要な様々な会話のテクニックを習得できるようになる
  3. 実践的なクロージングのスキルを使えるようになる
受講対象 組営業職(コミュニケーションのスキルだけなら非営業職を含めた全社員対象)
午前(9:00~12:00) 午後(13:00~17:00)

1.研修に対する期待値の確認および講師紹介


2.ネットワーキング

  • リーダーシップにとって重要な
    ネットワーキングを自己紹介という形で行う

3.購買の大原則

  • 人はなぜものを買うのか?
  • ストーリーマップの説明

4.営業における信頼関係

  • コンタクト回数
  • 相手を宝物と思う
  • 正直誠実な態度で接する

5.心の窓を開けるために必要なスキル


6.会話を上手くリードするスキル

  • オープニングクエスチョン
  • つなぎの言葉を切らさずに使う
  • 共感する言葉を使う
  • 効果的な質問

7.アイコンタクトと沈黙

  • アイコンタクトの重要性
  • 沈黙の上手な使い方

8.ミラーリング

  • 動作のミラーリング
  • 会話のミラーリング

9.心地よい質問

  • 相手の素晴らしい点を誉める
  • 関連する質問を投げかける

10.効果的なクロージング

  • はい!を繰り返す
  • 相手に言わせる
  • 次のステップを話す
  • 沈黙  等々

11.相手のベネフィットに訴える

  • ベネフィットとは
  • 特徴とベネフィットの違い
最後のまとめ
ご相談はお気軽に 03-3980-1791