NPAの社員研修
ホーム > NPAの社員研修 > 部下育成研修⇒プログラム例 Ⅲ

斧出 吉隆 組織論の第一人者。日本人がグローバルで活躍できる人材育成に定評がある。

斧出 吉隆
◆研修内容
 ・部下育成研修⇒プログラム例 Ⅲ


研修カリキュラム(1日)

部下育成 スキルアセスメントを使った効果的なOJT

テーマ 部下育成 スキルアセスメントを使った効果的なOJT
ねらい 上司が部下育成トレーナーとしてのマインドとスキルを持てるようにする
効果
  1. OJTの進め方・PDCAを回せるようになる
  2. 部下のスキルについて強み・改善点を明確にして部下育成ができるようになる
  3. 部下の自主性を育むコミュニケーションができるようになる
受講対象 組営業職(コミュニケーションのスキルだけなら非営業職を含めた全社員対象)
午前(9:00~12:00) 午後(13:00~17:00)

1.研修に対する期待値の確認および講師紹介


2.ネットワーキング

  • リーダーシップにとって重要な
    ネットワーキングを自己紹介という形で行う

3.なぜ人材育成(OJTやOffJT)が必要なのか?

  • 本人,上司,組織にとってのメリットとは?
  • OJTに必要な2つの要素(モチベーションと
    スキル)
  • ストーリーマップの説明

4.スキルの向上

  • 数の強制分布メソッドを使う、上司と部下の
    スキルアセスメントと分析
  • 改善点の明確化
  • 上司と部下の認識ギャップ

5.効果的なトレーニング 5原則

 1.トレーニングの目的を事前通知する
 2.行動レベルまで細分化する
 3.たとえ話を使う
 4.フォローアップ
 5.印象深い教え方をする

6.トレーニングのPDCAを回す

  • 説明⇒自分がお手本を示す⇒部下に
    やらせる⇒復習する⇒上司と部下が
    改善点に同意する

7.モチベーションの向上

  • 認めてもらう,ほめてもらう
  • 自分の将来のキャリアとの整合性
  • 上司との信頼関係
  • 部下にあったアプローチ

8.信頼関係の構築

  • 信頼関係の直線と対策
最後のまとめ
ご相談はお気軽に 03-3980-1791