NPAの社員研修
ホーム > NPAの社員研修 > 時間管理研修⇒プログラム例 Ⅶ

斧出 吉隆 組織論の第一人者。日本人がグローバルで活躍できる人材育成に定評がある。

斧出 吉隆
◆研修内容
 ・時間管理研修⇒プログラム例 Ⅶ


研修カリキュラム(1日)

時間管理(時間は有限・工夫は無限)

テーマ 時間管理(時間は有限・工夫は無限)
ねらい 限られた時間を効率よく・ムダなく使う
効果
  1. 時間の大切さを理解できるマインドセットを持つことができるようになる
  2. 時間泥棒を見つけて対策のためのアクションプランを作成する
  3. 優先順位を明確にして、権限委譲を効果的におこなう
  4. 先送りの癖を直す
受講対象 全ての社員
午前(9:00~12:00) 午後(13:00~17:00)

1.研修に対する期待値の確認および講師紹介


2.ネットワーキング

  • リーダーシップにとって重要な
    ネットワーキングを自己紹介という形で行う

3.時間管理と生産性

  • 時間は管理できないが仕事は管理できる
  • ストーリーマップの説明

4.自分自身のワークスタイル診断

  • どんな働き方をしているのかを理解
  • 自分の癖を理解する

5.時間泥棒を見つけて退治する

  • 時間泥棒の洗い出し
  • 時間泥棒の原因分析
  • 時間泥棒を阻止するための
    アクションプラン作成

6.スケジュールの効果的な管理

  • スケジュールの管理の方法
  • To Doリストの作成と注意点

7.優先順位の付け方

  • 優先順位づけを理論的に理解する
  • 重要事項と緊急事項のマトリックス
  • Push Backのおこないかた

8.権限の委譲

  • 権限の委譲を効果的におこなうには?
  • 誰に委譲するのか?
  • どの様なコミュニケーションが必要なのか?

9.先送りのクセを直す

  • なぜ先送りが起こるのか?
  • タイムボックスの紹介と作成
最後のまとめ
ご相談はお気軽に 03-3980-1791